離婚 金銭問題

離婚が大変なのはお金

愛し合って結婚したはずの二人が、様々な理由から心が離れ、離婚ということになると、
精神的な負担は勿論のこと、お金の問題は避けては通れない大きな問題点となります。

【離婚前のお金の問題】
離婚の前に別居するという夫婦も多いですが、 生活費はどうするのか、子供が居れば養育費はどうするのか、 新居へ移るための引越し代、電化製品等生活必需品も揃えなければなりません。
専業主婦であれば、その後の生活費をどうやって賄うか考えなければなりません。

【夫婦間で問題が解決出来ない場合のお金の問題】
離婚といっても、二人の意見が同じで、争うことなく離婚出来るケースはわずかです。
もめてしまった場合、調停へ申し立て家庭裁判所で話し合いが行われます。 それでも問題が解決されない場合、調停に代わる審判、次に裁判ということになり、 問題が長引けば、弁護士費用も必要になって、さらにお金がかかることになります。 また、仕事を休んで平日に出頭しなければなりませんし、交通費などもかかります。 回数がおおくなれば、それだけ負担もかさんでくることになります。

【財産分与・慰謝料など】
*財産分与
財産分与は、夫婦が結婚している間に協力して得た財産を分けるというものです。 結婚前から持っていたそれぞれの財産などは対象外となります。
具体的にどれくらい分けてもらえるのかはその夫婦の事情や財産によって異なりますが、 基本は専業主婦であった場合でも共同財産の2分の1は分けてもらえるという場合が多いようです。
*慰謝料
慰謝料の金額はかなりまちまちです。夫婦双方の収入、浮気や暴力などの有無など、 様々な要素を考慮して金額が算出されますが、一般的にはせいぜい300万円程度のようです。

【離婚後のお金の問題】
*養育費
子供がまだ小さい場合や、高校・大学と進学させるためには、お金がかかります。
これらは離婚時にまとまって支払われるものではなく、離婚後も継続して支払われるお金です。
途中で支払いを止められたりしないように、調停調書や公正証書にして残しておくのが良いでしょう。
*年金分割
離婚の際に、将来厚生年金を受け取れる権利を分割することができるというのがこの制度です。
夫が会社員で厚生年金に加入していて、条件を満たすようであれば、 離婚日翌日から起算して2年以内に忘れず手続きをとっておきましょう。

離婚

離婚するためには、このようにお金の問題が多いため、なかなか踏み出せないケースもありますが、 正しい知識を持って、新しい人生を始められるようにすることが大切です。

↑ PAGE TOP