結婚前 決める お金のルール

結婚前に決めておくといいお金のルール

結婚前にお付き合いしている期間と結婚後で大きく異なるのが、お金の問題。

いままではそれぞれで管理していたお金も、結婚した後は多くの家庭では一緒に管理する場合が多いですよね。
結婚してからの生活をスムーズにして、余計なトラブルを回避するためにも、結婚前にお金のルールをふたりで相談して決めておくとよいようです。

では、具体的にどんなルールを決めておいたら良いのでしょうか?

まず結婚前にすべきことは、それぞれがどういった金銭感覚を持っているのかを確かめることです。
いくら仲睦まじい夫婦といっても、それぞれ育ってきた環境が違うわけですから、金銭感覚は多少なりとも異なっていてあたりまえです。
貯金が趣味です、なんていう人もいれば、あまりに倹約することでストレスが溜まってしまう場合もあります。
結婚してから相手の浪費癖に気が付いて、ぎくしゃくしても後の祭りですよね。
そんなことを避けるためにも、結婚前に率直な話し合い、そしてデートの時などにしっかり確認しておきましょう。

そしてさらにできることは、夫と妻どちらがメインでお財布を管理するのか決めておくことです。
いままでそれぞれだったお財布が一つになるのですから、管理人が2人のままではトラブルの元です。
どちらかが管理する、といっても、管理しない方の側が自由になるお金を全く持てなくなる、という意味ではありません。
管理するメインを決めて、そこからどれほど自由を利かせるか、結婚前に夫婦で具体的に話し合っておくなら余計なトラブルを避けることが出来ます。
例えば、自由に使っても良いお小遣いの金額の上限を決めておく夫婦もいます。
また管理を項目ごとに分ける(食費は妻が管理、その他は夫が管理など)の方法を取っている人もいるようです。

結婚前は気持ちが高まって、とにかくすぐに結婚したい!という気持ちになってしまうものです。
それでも、はやる気持ちを少し押さえて、現実的なことを結婚前にしっかり話し合っておくなら、いざ結婚した後より幸せでスムーズな生活を送れるようになります。 いまから結婚を考えているみなさんにとって、この記事が少しでもお役にたてば光栄です。

↑ PAGE TOP